!Breathesplash!

No yoga, no peace. Know yoga, know peace

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたは自分の「肺年齢」を知っていますか?

s-lungs.jpg



肺の状態を標準的な年齢の人と比較することで肺の健康状態を把握できる指標として開発されたのが「肺年齢」です。慢性閉塞性肺疾患(COPD)が年々増加傾向にあるため、予防や早期発見につなげようと日本呼吸器学会が提唱しているものです。

 5月9日は、同学会が制定した初めての「呼吸の日」。この機会に自分の「肺年齢」を確かめておきましょう。


 わが国のCOPDの患者数は40歳以上の1割、約530万人にも上ると言われています。WHO(世界保健機関)の調査では10数年後にはCOPDが全世界の死因の第3位になると予測しています。
 COPDは肺の生活習慣病ともいわれており、主な原因は喫煙です。40歳以上で毎日たばこを吸い、喫煙歴が10年以上、風邪をひいていないのにせきが出る、駅の階段などを上るとすぐ息切れする、などの人はCOPDの可能性があります。

 はじめのうちは気道に炎症が起こり、せきや痰、息切れなどのありふれた症状が出てきます。この段階ではつい「年のせい」などと見過ごされがちですが、放っておくと肺胞の破壊が進み、呼吸困難となり、やがて自力呼吸ができなくなり、寝たきりや心筋梗塞などを起こす可能性が高まります。
 そこでCOPDの予防や早期発見のためには自分の肺の機能がどの程度の状態か、つまり「肺年齢」を知ることが重要です。

 肺の機能は、呼吸器科や人間ドックなどで行われるスパイロメトリーという呼吸機能検査によって、最初の1秒間に吐ける息の量(1秒量)などで測定します。肺年齢普及推進事務局ホームページの「肺年齢.net」では、この数値と年齢、身長、体重などを記入すると、あなたの「肺年齢」とともに「異常なし」とか「COPDの疑い」などと評価コメントなども表示されますので、活用してはいかが?




コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://macrobiotique.blog63.fc2.com/tb.php/329-d9b41cae

 | HOME | 

プロフィール

tomomi

Author:tomomi
Welcome to My Blog!

When I worked at a company, I suffered from depression. Therefore I wanted to study yoga, and I went thru the Bikram Yoga Teacher Training in Fall of 2006.

最近の記事+コメント

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

現地時間

Japan LA

リンク

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。