!Breathesplash!

No yoga, no peace. Know yoga, know peace

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加圧ウォークの効果

「加圧トレーニングの理論と実践」で記載されている最も驚嘆する実験である、加圧ウォークの効果の概略は以下のようなものです。


加圧トレーニングの理論と実践

 



対象は男子大学生24名で、ウォークの内容は時速3mで2分間、休憩を1分間挟み、5セット行なうもので、期間は3週間。
加圧なし、加圧ウォーク1日1回、加圧ウォーク1日2回のクラスに分けて筋肥大(大腿四頭筋筋体積)・筋力を測定したところ、加圧なしのクラスは変化なしとなったが、1日2回のクラスは筋肥大4%、筋力8?11%、1日1回のクラスで筋肥大2%の各増加という結果が記載されています。

 通常、LT以下の運動では血中成長ホルモン量に変化は見られないものですが、最大筋力20%程度の上記ウォークでは顕著な上昇が認められ、筋のタンパク合成を促進する遊離型のテストステロン濃度も上昇した結果が得られているそうです。

 低負荷、短時間、短期間で効果が現れる加圧トレーニングですが、未経験の方が最も勘違いしやすいのは主観的運動強度、つまり、運動のきつさ度です。
上記加圧ウォークでも加圧なしのグループは「非常に楽である」「かなり楽である」のレベルであるが、加圧すると、「ややきつい」「きつい」という結果となっています。(ボルグスケール7?9から13?15に上昇しています)



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

tomomi

Author:tomomi
Welcome to My Blog!

When I worked at a company, I suffered from depression. Therefore I wanted to study yoga, and I went thru the Bikram Yoga Teacher Training in Fall of 2006.

最近の記事+コメント

カテゴリー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

現地時間

Japan LA

リンク

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。