!Breathesplash!

No yoga, no peace. Know yoga, know peace

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレスが体の抵抗力を弱める

21552695_e23f7eecbc.jpg


「労働安全衛生法」という法律をご存知でしょうか? これは、労働者の働く環境を守るために1972年に制定された法律です。


 その法律に、1988年、働く人のココロのケアに関する項目が初めて加わりました。このとき国は、体のケアだけでなく、産業医に心理相談員や栄養・運動のスペシャリストも加えて、ココロの面からもケアをしなさいという指針を出しました。
 具体的には、




(1)ストレスに気づくよう会社がサポートする
(2)リラックスするための方法を指導する
(3)職場の雰囲気をよくして、悩みを相談しやすい環境をつくる


 というものでした。それまでは、職場での危険や不衛生な部分を取り除くことがメインでした。それを、ココロの健康管理を含め、より快適な職場にしようというのです。
法律はできたけれど……

ところが、これを実践した企業はほとんどありませんでした。なにせ当時の日本はバブル経済のまっただ中。会社も、そして働く人自身も、前に進むことに一生懸命で、ココロになど構っているヒマなどなかったのです。
 
すると、1992年、労働安全衛生法に新たな指針が加わりました。それは、会社に対して、快適な職場づくりにもっと力を入れるよう強く求めるものでした。

 働く人のココロのケアに、国が本腰を入れ始めたのは、日本の経済情勢の変化がありました。90年代前半といえば、バブル経済が崩壊して失業率が高まり始めたころ。それに伴って、自殺者の数も増えていきました。

 そんな情勢に危機感をおぼえた国が、急いで法律を改正したと言ってもいいでしょう。
 これによって、働く人はココロのケアを受ける権利を認められ、会社側はその機会を提供するよう指示されました。職場の環境や仕事の進め方をチェックして、問題があれば改善することや、休憩室や健康相談室を設けるよう努力しなければならないと決められたのです。

法律ができたからといって、会社は具体的に何をしたらいいのかわかりません。多くの経営者は、それまで従業員のココロのことなどほとんど考えたことがなかったでしょうし、従業員の健康管理といえば、社内に産業医を置いておくのがせいぜいだったからです。

また、本来、産業医もある程度の規模になれば置くことは法律で定められているのですが、常駐していないために「ウチの会社にはいない」と思っている従業員も少なくないのです。

 働く人のための法律を改正したにもかかわらず、働く人へのケアは特にされないまま。その様子を見て、国はさらに労働者のココロのケアに乗り出します。
 
その姿勢のあらわれが、2000年8月に、厚生労働省から出された「事業場における労働者の心の健康づくりのための指針」というものです。

 そこでは、働く人のストレスや自殺が増えたこと、仕事が原因でココロの病になった人を労働災害と認めること(認定は前年)、また精神障害や自殺の 労災補償などについて触れられています。ココロのトラブルを抱えた人はもちろん、すべての働く人に対して、ココロの健康対策を立てるよう会社側に求めたのです。

ようやく企業も従業員のメンタルヘルスケアに乗り出しました。企業として従業員のココロのケアをすることで、一人ひとりの生産性を高めようという意 識が生まれたのです。

 ただし、まだ多くの企業では、そうした指針があることは一応知っていても、詳しい中身は知らないのが現状です。国はせっかくいいものをつくったのに、それを企業に向けて、わかりやすく説明する人やシステムがないために、働く人にまで行き届かないのです。

ココロをケアすることには、多くのメリットがあります。でも、わかっていただきたいのですが、効果の多くはすぐにあらわれる類のものではありません。注射や点滴のようにはいかないのです。

 体調が悪くても、なかなか健康相談にも行かないのが現状ですから、ココロの健康相談ともなればなおさら行きにくいでしょう。たとえ会社にカウンセリングルームをつくっても、従業員はなかなか近寄ろうとしないのです。

 また、実際に従業員たちがカウンセリングなどを利用するようになってからも、問題は起こります。これから紹介するのは、ココロのケアの仕組みを導入した会社の人事担当者の悩みです。

◎「怠けているとしか思えないのに、本人はうつっぽいと言う。本当は、本人と直接やりとりしたいのですが、あいだにカウンセラーが入っているので、手が出せないのです」

◎「ココロのケア対策を取り入れたら、ココロのトラブルが表面化する社員が一気に増えてしまいました。人事部はその対応に追われ、ほかの仕事に支障が出ています」

◎「すぐに医師の診断書をとって、休職を繰り返す社員がいます。そのため、健康な社員にしわ寄せがいって彼らの不満が高まり、『何で人の分までやらなきゃならないの?』と怒りをぶつけられます」

◎「ココロにトラブルを抱えた社員を復帰させてフォローできるような、余裕のある部署や管理職がいません」

◎「部下との人間関係の問題をカウンセラーに頼ってしまうと、上司のほうも成長しなくなるのでは?」

 
こうした問題は、多くの企業に共通するものです。

経営者の意識改革から始めて、従業員がココロのケアのためのサービスを利用するようになり、欠勤率や離職率の低下という数字になってあらわれるには、少なくとも2年から3年はかかるという。

「ストレスがたまった」
「ストレスで胃が痛くなったよ」


 私たちがしばしば使うこんな言葉。ストレス反応は、大きく3つに分けることができます。
 
1つは、行動面に出る反応です。言葉がキツくなる、叫ぶ、お酒を飲みすぎる、暴力などがこれに当たります。判断力、記憶力が鈍って仕事上のミスが増えるのも同じです。

2つめは、身体面に出るもの。胃痛やだるさ、食欲低下などが該当します。
 
そして、最後が精神面に出る反応。イライラする、何をする気にもなれない、集中が続かないという症状が典型例です。そうしたストレスが高じると、「うつ」が発症することもあります。
 
その発症のしかたも千差万別で、行動、身体、精神のうち、いちばん弱っている部分に出てきます。精神的に不安定であればココロに、胃が弱ければ胃痛となってあらわれるのです。
ストレスが体の抵抗力を弱める
 
では、ストレスがたまると胃痛を訴える人が多いのはなぜなのでしょうか?
 それはけっして気のせいではありません。メカニズムがちゃんと存在します。

「自律神経」という言葉は、みなさん聞いたことがあると思います。
 自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」の2種類があります。「交感神経」は、人が緊張したとき、「副交感神経」はリラックスしたときに働くものです。
 
働く人でいえば、月曜から金曜まで一生懸命働いたなら、週末はリラックスやリフレッシュをして、交感神経を休めてあげる必要があります。それを土 日も休まず出勤して働くようなことが続くと、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくできないため、胃痛になったり、頭の中が混乱したりしてしまうわけです。

ですから、たとえ本人が気づいていなくても、胃痛や頭痛といった身体的な異常が見られたなら、それはストレスが原因になって自律神経が正常に働いていないということ。それを上司が「気のもちようだ」などという言葉で片づけてはいけません。

 そして、本人が意識していないところで、仕事をはしょる、人との接触を避ける、重要な情報を見落とすなどのミスが目に見えて増えたときにも要注意。これは、行動面にあらわれたストレス反応です。このような場合、本人が気づかないうちに身体面と精神面にもすでにストレス反応があらわれているので す。

 もう一つ、ココロを疑う前に注意しなければならないことがあります。それは、「栄養不足」と「運動不足」です。
 
「気力がない、やる気が出ない」
「最近、よくめまいがする」


 という声。でも、そういう人というのは、まともな食生活を送っていないことが多いのです。

 こうした場合、相談者本人はカウンセリングを受けるまで「ココロの病」に冒されていると思い込んでいます。こういう人は、カウンセリングによって食生活を改めてみると、みるみる症状がよくなります。
 また、運動不足も、朝から夜遅くまでデスクで仕事をしているビジネスマンには悪い影響をおよぼしていることが少なくありません。

 会社内でタバコを吸う人、コーヒーを飲む人というのは、ストレスをためにくいと言われます。「体に悪いことをしているのにどうして?」と不思議に思うかもしれませんが、その理由はこうです。
 
タバコを吸ったり、コーヒーを飲んだりするときには、必ず席を立って、喫煙スペースに行ったり、コーヒーメーカーや自動販売機まで歩いたりすることになります。コーヒーを飲めば、トイレに立つことも多くなるでしょう。
そんなふうに、1、2時間に1度は席を立って、わずかでも体を動かすことで、心身をリフレッシュすることができます。そのため、長時間働くことができるのですね。

 ところが、タバコを吸わず、コーヒーも飲まない人は、5時間も6時間も座りっぱなしということも少なくありません。それがリフレッシュできない原因となり、喫煙などで席を立つ人とくらべると、同じ100時間残業するにしても、感じるストレスの量が全然違ってきます。

 また、喫煙や喫茶のスペースには人が集まるため、上下関係にかかわりなく気楽に話をしていることが多いようです。愚痴をこぼしたり、冗談を言い合ったりしてストレスを発散できるというメリットもあります。これは職場でのココロのヘルスケアとしては貴重なチャンスです。

 私はなにもタバコを吸うことを奨励しているわけではありません。会社の中を歩く程度でも、体を動かすことには大きな意味があることをわかってほしいのです。

 ちなみに、アメリカのデューク大学で行なわれた実験によると、うつ病から立ち直った患者のうち、薬を飲んでも40%の人は再発してしまったのに対 し、薬を飲むだけでなく一日30分程度の有酸素運動をした人の再発率はわずか8%に抑えられることができたのです。ココロのケアの最初の手段として、カウンセリングよりも運動を勧めることがあるのはそのためです。

いくつかある欠勤のパターンのうち、1週間休むのは、体の病気が原因であることが多いものです。日本人というのは、概して頑張り屋さんです。具合が悪くなるまでとことん頑張ってダウンする。動けなくなってから病院に行くのが、昔から日本人に見られるパターンで、1週間の休みのあいだにじつは短期入院していた、なんていうケースもあります。

 また、女性の場合、PMS(月経前症候群)による体調不良や精神の不安定さが原因で、周囲の人とのコミュニケーションがうまくいかなくなることもあります。その場合には、自分自身のココロと体の変化に敏感になり、ホルモンバランスについて知ることが何よりも大事な対策になるのです。

基礎体力の維持がココロの健康にダイレクトにつながっているということなのです。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

tomomi

Author:tomomi
Welcome to My Blog!

When I worked at a company, I suffered from depression. Therefore I wanted to study yoga, and I went thru the Bikram Yoga Teacher Training in Fall of 2006.

最近の記事+コメント

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

現地時間

Japan LA

リンク

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。