!Breathesplash!

No yoga, no peace. Know yoga, know peace

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小青竜湯 (しょうせいりゅうとう)

s-the medicines alt


脱乳製品の記事でアレルギーのことを記しました。それに加え、花粉症でもあります。本当に困ったものです。

友人のアドバイスを参考に近所の漢方を主とする病院に行ってきました。
花粉症を和らげるのに以下の薬を処方されました。 処方名
小青竜湯 (ショウセイリュウトウ・しょうせいりゅうとう

小青竜湯 組成  処方生薬構成比
半夏5.0、麻黄3.0、乾姜1.5、桂皮3.0、芍薬3.0、甘草3.0、細辛3.0、五味子3.0

中医学効能
辛温解表・温肺化痰・平喘止咳・利水
辛温の麻黄・桂枝で風寒の邪を散らし、芍薬・甘草の酸甘化陰によって陰津を保護するとともに発散の行き過ぎを防止します。辛熱の乾姜と辛温の細辛は肺中を温めて飲邪を除き、酸収の五味子が辛酸が過度になるのを防止します。化痰降逆の半夏・止咳の細辛・斂肺平喘の五味子・宣肺平喘の麻黄は、共同して喘咳を止めます。

適応症
表寒による寒痰の喘咳:咳嗽・呼吸困難・喘鳴・白色でうすい多量の痰・くしゃみ・鼻みず・耳閉などの寒痰の症候に、悪寒・頭痛・身体痛・発熱などの表証を ともなうもの。舌苔は白潤・脈は浮緊。表証がなく寒痰の喘咳のものにも用いられる。

風水:突然発生する全身の浮腫・尿量減少で、表証をともなうこともある。舌苔は白滑・脈は滑。

臨床応用
感冒・インフルエンザ・気管支炎・気管支肺炎・肺気腫・気管支喘息の発作期などで、表証をともなう寒痰の喘咳を呈するもの。あるいは急性腎炎の初期などで風水を呈するもの。アレルギー性鼻炎などにも用いる。


先生にもう花粉症?早いね?って言われちゃいました。

もう一種類あります。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

tomomi

Author:tomomi
Welcome to My Blog!

When I worked at a company, I suffered from depression. Therefore I wanted to study yoga, and I went thru the Bikram Yoga Teacher Training in Fall of 2006.

最近の記事+コメント

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

現地時間

Japan LA

リンク

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。