!Breathesplash!

No yoga, no peace. Know yoga, know peace

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくっと加圧

Aeromat_Anti-burst_Fitness_Ball_Exercise_Ball.jpg



加圧トレーニングは、軽い運動で大きな効果が得られることがわかってきたと思いますが、では、そのメカニズムはどうなっているのでしょうか? 東京大学石井直方教授らの研究などから、効果的なトレーニングをするために、加圧トレーニングのメカニズムをご紹介します。
1、加圧によって、筋肉に乳酸が蓄積
加圧トレーニングを行うと、疲労物質である乳酸が溜まってきます。しかし、腕や脚の血流を加圧ベルトで適度に阻害しているため、乳酸は出るところを失い、筋肉の中にどんどん蓄積されていきます。

2、成長ホルモンが多量に分泌

溜まった乳酸は、筋肉にある、刺激を受け取る細胞である受容体を刺激します。脳は、刺激を受けて損傷した受容体を再生するために成長ホルモンを多量に血中に分泌します。そのときの成長ホルモンの血中濃度は、なんと通常のトレーニングの約10倍、安静時の290倍にもなります!
加圧後の2時間に有酸素運動を行うと脂肪燃える燃える!!そしてサプリメントをとると吸収率が通常よりも高くなるそうです。私は皮膚科で処方されているビタミン剤とオメガ、アサイーを摂取しています。

3、ダイエット・アンチエイジングに大きな効果


血液にのって全身に多量の成長ホルモンが運ばれると、脂肪細胞に作用して、脂肪を分解したり、体の老化を遅くしたりします。また、成長ホルモンには、美肌効果や骨粗鬆症の働きもあると言われています。

今日のトレーニングは昨日がんばりすぎたのもあるので少し圧を下げてもらいました。でもやったぞという達成感は毎回あります。たった30分ですが侮れません。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

tomomi

Author:tomomi
Welcome to My Blog!

When I worked at a company, I suffered from depression. Therefore I wanted to study yoga, and I went thru the Bikram Yoga Teacher Training in Fall of 2006.

最近の記事+コメント

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

現地時間

Japan LA

リンク

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。