!Breathesplash!

No yoga, no peace. Know yoga, know peace

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Water: How much should you drink every day?

私たちは毎日、どれくらいの水を飲まなければならないでしょう?

これは簡単なようでとっても難しい質問です。研究は長年にわたって様々な意見があります。
実は、私たちにとって自分にどれくらい水が必要なのかは、私たち個人がどれくらい活発か、そして、どこで生きるか多くの要因(あなたの健康を含む)によって決まります。ですので、一概に人はこれくらい水が必要ですとはいえないのです。

一つの公式も誰にでも合うというわけではないけれども、日常生活での自分の運動量を知っていることは私たちが毎日どれくらいの水を飲むべきかについて考えるときにとっても有効です。

水の健康効果

水は私たちの体の主要な化学構成要素です。そして、平均して私たちの体重の60パーセントから成立します。あなたの体のあらゆるシステムは、水に依存します。たとえば、水は不可欠な器官から毒素を締め出して、栄養分を私たちの細胞へ運んで、耳、鼻とのど組織に提供します。

水の不足は、脱水(私たちが通常の機能を実行するためにあなたの体で十分な水を飲まないとき、起こる状態)につながることができます。

私たちは、どれくらいの水を必要としますか?

毎日、私たちは息、汗、尿と便通を通して水を失います。きちんと機能するために私たちは体のために、水を含む飲料と食品を消費することによって、その給水を補充しなければなりません。

*Replacement approach
成人の平均尿出力は、1日につき1.5リットルです。私たちは、呼吸、発汗と便通を通して1日、水のさらなるリットルの近く失います。食物は通常あなたの総流体摂取量の20パーセントを占めるので、私たちが通常のダイエットとともに1日につき2リットルの水または他飲料を平らげるならば、一般的に失われた水分が補給されたことになります。

私たちがめったにのどが渇いたと感じなくて、1日につき1?2リットルの無色であるかわずかに黄色の尿を生産しないようにあなたが十分な水分を補給しえいるならば、私たちの水分の摂取量が多分十分だろうことは、ここから証明されます。

Factors that influence water needs

*運動

私たちがより運動するほど、より多くの水分が私たちの体を水和させておくために必要です。250mlの水は短い運動の間隔に適切に摂取しなければなりません。しかし、1時間以上(たとえば、マラソンなど)続いている激しい運動はさらなる水分を必要とします。どれくらいのさらなる水分が必要かというと、あなたが運動の間、汗をかいたかによります。しかし、通常、天気が異常に暑くない限り、1時間につき13のto26オンス(またはおよそ2?3つのカップ)の水分が必要でしょう。

激しい運動の間、汗で失われるナトリウムに代わるのを助けて、低ナトリウム血症になる可能性を減らして、ナトリウムを含むスポーツ飲物を使うことは賢い選択でしょう。

*環境

暑いか湿った天気は、あなたを汗をかかせることができて、水分のさらなる吸収を必要とします。熱い屋内の空気も、あなたの皮膚が冬期の間に湿気を失う原因になることがありえます。さらに、2,500メートルを超える(8,200フィート)が起こすかもしれない高度は排尿とより迅速な呼吸を増やしました。そして、それはより多くの私たちの水分の蓄えを使い果たします。


*病気または健康状況

病気(例えば熱、嘔吐と下痢)の徴候は、あなたの体がさらなる流体を失う原因になります。これらの場合、あなたはより多くの水を飲まなければならなくて、スポーツドリンク(例えばゲータレード、ポカリスエット、アクエリアス)を必要とするかもしれません。特定の状況(膀胱感染症または尿路石を含む)は、また、増加した水摂取量を必要とします。また、特定の状況(例えば心臓麻痺とある種の腎臓)、肝臓と副腎の病気は、水の排出をそこなうかもしれなくて、私たちが水分摂取量を制限することを義務づけるかもしれません。


*妊娠または母乳養育

母乳で育てる女性は、さらなる水分を必要とします。特に看護するとき、水分は大量は失われます。医学研究所が推薦する水分の1日の摂取量は妊婦の場合は2.4リットルで、授乳する女性は3.0リットルが必要とされています。

Beyond the tap: Other sources of water

いつでも水を手の届く範囲にしておくことが素晴らしいアイディアであるが、私たちの水分必要量を満たすために飲むものだけに頼る必要はありません。私たちは食物からかなりの水分量を摂取しています。平均して、残りの80パーセントがすべての種類の水と飲料から、食物はおよそ20パーセントの総水摂取量を摂取しています。

たとえば、多くの果物と野菜 ― 例えばスイカとキュウリ ― ほぼ100パーセントは、重さによる水です。ミルクとジュースのような飲料は、大部分は水からも成ります。コーヒー、お茶またはソーダのようなビールさえ、ワインさえとカフェイン含有飲料さえ貢献することができます、しかし、これらはあなたの1日の総流体摂取量の大部分であってはいけません。水はあなたの最善の策のうちの1つです。水はカロリーのなくて、安価でどこでも手に入るからです。

Dehydration and complications


水分を取らなければ、脱水症状に陥ります。穏やかな脱水さえ・・・私たちの体重の1パーセント?2パーセントの損失でもカラダにとっては異常事態です。 ―私たちのエネルギーをむしばむことができて、疲れているようにすることができます。脱水の一般的な原因は、熱心な活動、過度の発汗、嘔吐と下痢を含みます。

脱水の徴候と兆しは、以下を含みます

*疲労
*頭痛
*乾いた口
*ほとんど排尿でない
*筋肉弱さ
*めまい


穏やかな脱水は、複雑化で気がつきにくい。 ― 水分が速く代わられる限り、 ― しかし、特にまさしくその若者と年輩者において、よりひどいケースは致命的でありえます。極端な状況では、流体または電解質は、静脈内に届けられる必要があるかもしれません。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

プロフィール

tomomi

Author:tomomi
Welcome to My Blog!

When I worked at a company, I suffered from depression. Therefore I wanted to study yoga, and I went thru the Bikram Yoga Teacher Training in Fall of 2006.

最近の記事+コメント

カテゴリー

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

メールはこちら>>

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

現地時間

Japan LA

リンク

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。